About

木の器と木の小物 北海道の山々から木を預かり器をつくる。それは山と人とを繫ぐ仕事。木を山から預かり人と繋げる。そして、山を手入れし木を育てる。適正量の木を伐採することで山が呼吸し、若い木を育てます。 木製品は暮らしにほっとする瞬間をもたらします。忙しい毎日に、柔らかく暖かい木の器の感触が与えてくれる優しさ。木の色は人の肌の色に似ています。白や黒など様々な色があるのも共通点。だからわたしたちは、木を身近に感じるのかもしれません。 木の器をつくること、それは、山にも人にも大切な、大きな視点と小さな視点を繋ぐ仕事です。 高橋工芸 挽き物師の高橋昭一により1965年に旭川で創業。創業時は家具の脚(飾り柱)などを手がけていた。家具の需要低迷に伴い1980年代からロクロ挽きのカップやシュガーポットを製作し始め、旭川の木製テーブルウェアメーカーの元祖というべき存在。主に北海道産の樹種を用いてシンプルかつ機能的なテーブルウェアを制作。Kamiグラスを筆頭に、木の質感を活かしながら現代的な佇まいを見せる製品は、現代の生活様式に自然に溶け込む。2009年から高橋秀寿が代表を務める。